親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOME発達障害の子を支援するために知っておきたいこと発達障害の原因

発達障害の原因

このページでは、発達障害の原因について、最近の研究で分かってきていることなどを解説していきます。

なにが原因で発達障害になるのか?遺伝はする?

発達障害と言っても、自閉症スペクトラムやADHA(注意欠陥/多動性障害)、LD(学習障害)など様々で、原因が特定できないことも多いです。発達障害は、脳機能の障害によるものとされていますが、どうして脳機能障害が起こるのか、その理由は今のところ解明されていません。

発達障害の原因としては、以下のように、いくつかの説が考えられています。

  • 遺伝子・染色体の異常(遺伝的要因・突然変異など)
  • 生物学的要因(脳機能の異常など)
  • 妊娠中・周産期の異常(妊婦の喫煙・病気など)
  • 幼少期の病気や環境(子どもの病気やトラウマなど)

発達障害は先天的な障害であり、自閉症は染色体による異常、アスペルガー症候群は遺伝子による異常が原因ではないかと言われていますが、はっきりとした結論は出ていません。また、様々な要因が複雑に作用した結果として、発達障害を発症する(症状が現れてくる)のではないか?とも考えられています。その子の発達障害の原因が、遺伝的なものなのか、成長段階の環境によるものかは、ほとんどの場合、はっきりと結論付けることは難しいようです。

その他、高齢出産の場合に、先天異常の確率が高くなることが分かっています。先天性異常は、妊娠中に病院で検査することも可能です。

発達障害は早期発見・早期支援が大切

発達障害の原因が何であっても、子どもに発達障害の傾向がある場合は、適切な支援を受けることが大切です。療育などで専門的な教育支援を受けることによって、子どもの生活や社会での不自由を少しずつ減らしていくことができます。

発達障害の支援は、できるだけ早い時期から、子どもの発達段階に合わせた療育を行うのが効果的だと言われています。早期療育を受けることで、適応障害などの二次障害のない状態で成長できて、生活に必要なスキルもしっかり練習して身につけられるからです。

まずは、幼児期からの発達支援を行っている塾や療育センターなどに相談してみることをおすすめします。

発達障害・学習障害向けの学習支援で信頼できる専門塾を調べました>>

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド