親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOME発達障害の子を支援するために知っておきたいことグレーゾーン

グレーゾーン

果たして発達障害なのか、それとも個性的なだけなのか?このページでは、見極めが難しいグレーゾーンについてまとめています。

発達障害か個性か?グレーゾーンの子ども達

発達障害は、診断基準となる特徴や特性の有無などで照らし合わせて診断されますが、診断基準だけで容易に決められるものではありません。例えば、ADHD(注意欠陥/多動性障害)の「集中できない」「衝動的に行動してしまう」「落ち着かない」といった特性は、発達障害ではない子どもにもありがちなものです。

そのため、知能の遅れもなく、発達障害と判断するには難しい「グレーゾーンの子ども達」が多く存在しています。明らかに育てにくさや違和感を抱いているのに、なかなか診断がつかないことで、グレーゾーンの子を持つ親御さんがかえって悩んでしまうケースも多いようです。

グレーゾーンの子ども達は、周囲の人に理解されにくいのが特徴です。普通に生活できているため、「親や先生の言うことを聞かない」「ワガママな子」などと誤解されてしまうこともあります。

未就学児のうちは何となくやれている子も多いですが、小学生になる頃には、いよいよ問題と向き合わざるを得なくなっていきます。親もその現実と向かい合い、できるだけ早い時期から、グレーゾーンの子どもに必要なサポートを受けることが大切です。

二次的被害を防ぐためにも適切な支援が必要

グレーゾーンの子ども達は、周囲に理解されにくいために、家庭や学校でも注意されたり怒られたりすることが多く、自己肯定感が失われやすい傾向にあります。また、人の気持ちを理解することが難しい子どもの場合、友達付き合いでつまずいたり、誤解やいじめを受けたりもしやすいです。その結果、不登校や引きこもりになってしまうケースまであります。

このように、グレーゾーンの子ども達に懸念されるのは、心の健康を害するような二次的被害です。こうした二次的被害を防ぐためにも、早期発見・早期療育が効果的だと言われています。早い時期からその子に合った療育方法を見つけて、発達段階に合わせた適切な支援を受けることがとても大事です。

療育プログラムに定評のある発達障害・学習障害向け専門塾5選>>

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド