親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOME発達障害のお子さんのための塾リスト【関東エリア編】東京未来大学こどもみらい園

東京未来大学こどもみらい園

学習障害や発達障害の子供のための塾、東京未来大学こどもみらい園の教育理念やコース特徴や利用料金などをまとめています。

発達障害・学習障害に東京未来大学こどもみらい園はどう対応?

東京未来大学こどもみらい園のおもな特徴は以下となります。

教育機関の基盤とノウハウをもつ、学校法人三幸学園が母体

東京未来大学こどもみらい園は、教育機関として基盤とノウハウをもっている学校法人三幸学園が母体となった、イノベーションスクールです。
全国では50の専門学校、1大学、1高校、3つの認可保育所、20の認証保育所、スポーツ教育コミュニティーを展開しています。
子どもの心理学や行動科学に詳しい、東京未来大学こどもみらい園の学問体系がバックボーンとなっているので、埋もれがちな子どもの才能に光を当てて、成長させてくれることが期待できます。
「普通学級ではついていけないけど特別支援学級では物足りない」と感じている親や子どもにはぴったりではないでしょうか。
採用する教員も、ただ経験が豊かというだけでなく、「個性を見つめ才能を伸ばし、自信を身につけ、心の成長をサポートする」という教育理念に共感できない人は採用しないという徹底ぶり。
手助けするのではなく、一人一人の天分を伸ばす“能力開発型”のスクールを目的としています。

「加点教育」に力を入れているため、ほめて伸ばす!

東京未来大学こどもみらい園の教育は「加点教育」です。弱点を指摘して改善させるよりも、長所をほめて伸ばす方に力を入れています。
学習タイプは「個別学習」と「総合学習」の2タイプ。クラス選択について保護者まかせではなく、面談で相談をしながら講師と二人三脚で決めていきます。
集団で学ぶのが苦手な子や注意力が備わっていない子は、まず個別学習から。丁寧に根気よく導きながら、コミュニケーションにも慣れてきたと判断できた場合、総合学習へと変更することもできます。

募集は未就学児2歳~小学校6年生まで

東京未来大学こどもみらい園での募集対象は未就学児2歳~小学校6年生までとなっています。
他の塾が中高生まで募集していることが多いのですが、こちらは小学生までなので気をつけましょう。
申し込みはまず入園アセスメントから。2~3日に渡り心理カウンセラーによる専門的な適正検査や面談を行った上で、入園の可否や適正クラスを報告されます。その後学習タイプやコース、受講曜日や時間、受講ペースなどを相談の上決定し、入園願書を提出という流れになります。
入園アセスメントで25,000円かかりますが、専門家に子どもの現状を見てもらったうえできちんと分析してもらえるので、無駄な費用ではないかなと思います。

発達障害・学習障害のこどもに指導実績のある専門塾をピックアップ>>


塾の基本情報

運営元 学校法人 三幸学園
教室 東京未来大学こどもみらい園(東京都足立区)※2014年7月より新校舎開園
コース一覧 <あたまの体操コース>
<イングリッシュコース>
<アートコース>
<ダンスコース>
<体操コース>
料金 入園アセスメント:25,000円
施設設備費:1,500円(月額)
保守管理費:1,000円(月額)
保険料1,000円(年額)
初期教材費(価格は選択コースにより異なる)
<基本授業料>
未就学:8,500円/50分(1コマ)
小学生:個別学習 8,500円/50分(1コマ)
総合学習:5,500円/50分(1コマ)
カウンセリング:1回5,000円/50分
体験授業 各コースの体験授業あり(有料)
受付時間 水曜~金曜 10:00~18:00

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド