親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOME発達障害のお子さんのための塾リスト【関東エリア編】スプラウツ

スプラウツ

成城・小金井にある、発達障害や学習障害、不登校生をサポートする塾、スプラウツについて。スクールの特性や各コースを紹介。利用者の口コミ評判を掲載しています。

塾「スプラウツ」で発達障害や学習障害の子どもが育つ理由

スプラウツのおもな特徴は以下となります。

発達障害専門指導コースとして、2001年に設立

スプラウツは自在能力開発研究所の代表である乙幡さんが2000年にダウン症の男の子を指導・支援したのをきっかけとして、2001年に発達障害専門指導コースとして設立された塾です。
現在募集しているコースは2通り、「就学前幼児の療養(ABA・応用行動分析)」と「発達障害児の学力サポートコース」になります。

<就学前幼児の療養(ABA・応用行動分析)>
発達障害がある就学前の子どもが対象、診断を受けていなくても気になる点があれば相談した上で入塾できます。
面接や観察のもと個別療養プランを作成し、1セッション80分の療養を実践していきます。指導は1対1で段階的に行い、ときには少人数のグループもあります。

<発達障害児の学力サポート>
様々な障害を抱える小学生~大学生までの学力を養成します。基本は1対1、状況により健常の生徒と一緒に4名以内でのクラスで個別指導形態でも行います。週1回以上であれば、30分単位で受講時間を設定するなど指導日の調節もできます。

むやみにほめず、頑張った時に思い切りほめる指導方法

スプラウツでは子どもが課題に頑張って取り組んだ時に、思い切りほめる指導方法をとっています。
集中できないときはまず要因を考えて、必要に応じて学びやすい環境を整え、失敗を習慣化させないように気をつけてくれます。
「むやみにほめるだけでなく、子どもが喜ぶ方法でほめる」というのを大切にしているそうです。
また、スモールステップで進めるのも特徴。あえて短い区切りで進めていくことで成功体験を増やすことができるため、本人のやる気や自己評価も高まります。
得意なものはさらに伸ばす、不得意なものは出来るだけ伸ばせるように指導することで、しっかり学力をサポートしてくれます。

発達障害・学習障害のお子様向けに学習サポートを行う専門塾を比較調査>>


利用している家族の声

週2回、1回1時間の指導を受けています。子どもが指示に従えない時も多かったのですが、根気良くサポートしてくれたおかげで現在では九九も覚えることができました。文字についても本人が興味を持つようになったので、漢字が得意になりました。
小2から小5まで通いました。ADHDの傾向が強く、学校への不登校の状態でした。完全な個別学習を1年行ったあと、学校へ再度登校をするようになりました。最初はサポートが必須でしたが、5年生の今は毎日登校することができています。自宅近くに友人もでき、放課後は児童館で過ごせるようになれました。
小4から主に学習面をサポートしてもらっています。週2回のうち1回は個人指導、1回は健常児の生徒さんと一緒に指導を受けています。現在は情緒的にも安定して穏やかに授業を受けることができています。苦手な科目もサポートしていただき、数学も平均点が取れるようになりました。
軽度なアスペルガーのため、健常生徒さんと一緒に学習指導を受けています。本人のコンディションを考慮したうえでその日の課題や指導方法を工夫してくれるため、いつも気持ち良く帰宅することができているようです。

塾の基本情報

運営元 自在能力開発研究所(JNKK)
教室 小金井教室(東京都小金井市)
成城教室(東京都世田谷区)
コース一覧 就学前幼児の療育(2歳~)
発達障害児の学力サポート(小学生~大学生、20代前半まで)
話し方教室(中学生以上~大学生まで)
料金 初回カウンセリング:4,000円/1時間
入会金:20,000円~25,000円
教具施設費:9,600円(年額)(就学前幼児のみ)
<基本授業料>
就学前幼児の療育:5,500円/80分(1セッション)
発達障害児の学力サポート:4,000円/60分(1回)
話し方教室:4,800円
※話し方教室にのみ参加される方は、入会金10,000円
体験授業 無料体験授業なし

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド