親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

発達障害の塾ガイド発達障害の子育てQ&A発達障害の子どもが高卒資格を得るには?

発達障害の子どもが高卒資格を得るには?

このページでは、発達障害などを持つお子さんが、高卒資格を得やすいと言われる「通信制高校」について紹介しています。

通信制高校という選択肢

発達障害を持つ子どもが、普通高校では高卒資格を得るのが難しそうなケースは少なくないでしょう。それでも、本人が「高卒資格が欲しい」あるいは家族が「高卒資格は持たせてやりたい」と思うのは自然なことです。そんなときの選択肢として、「通信制高校」を検討してみてください。通信制高校の役割や特徴などを説明していきます。

通信制高校を卒業すると高卒の資格をもらえる

通信制の高校について、「全日制高校と同じ高卒の資格を得られるの?」という疑問を持っている人が多いかもしれません。ですが、心配は無用です。全日制の高校と全く同じ高卒の資格を受けられます。通信制高校は、正式に「高等学校」という位置づけになっています。つまり、全日制や定時制と同列の資格になるわけです。

ひとくちに通信制高校といっても、公立と私立に分かれており、さらに、全国のさまざまな場所にあります。通信制高校の一覧や、学校紹介のHPがなど、ネット上でたくさんの情報が公開されています。気になる学校があれば、資料を請求するなどして詳細を調べてみましょう。

また、通信高校と比較されることが多いのが「サポート校」と「高卒認定予備校」です。基本的な役割について、それぞれの違いをまとめました。

  • 通信制高校
    全日制や定時制の高等学校と同様、高卒の資格を得られます。
  • サポート校
    通信制高校を卒業するために必要な手助けをする、塾のような位置づけです。
  • 高卒認定予備校
    「高卒認定試験」に合格することを目標に、勉強をするところです。この試験はあくまで学力を認定するための試験であり、高卒の資格を与えるものではありません。

3つの中で、高卒の資格を得られるのは通信高校のみとなります。

発達障害の子どもも利用しやすい

通信制高校へは、それまでの学業成績はほとんど関係なく入学できます。また、毎日通学するのではなく、週に1度~月に2度程度通学するスタイルが主流です。登校する回数は少ないのですが、その分、自宅でパソコンを利用して授業を受け、レポート提出を求められる場合もあります。また、学年を設けていないため、留年の心配もありません。単位制を採用しているので、期日までに単位を取得すれば卒業が可能なのです。

通信制高校には、「周りや時間を気にせず、一人ひとりのペースで勉強を進められる」という特徴があります。そのため、発達障害や学習障害を持つ子ども、あるいは不登校の子どもにとって、大変利用しやすい高校だといえるでしょう。せひ選択肢の一つとして検討してみてください。

発達障害学習塾ガイド【子供向け】