親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOME学習・発達障害をサポートしてくれる塾とは通常の学習塾との違い

通常の学習塾との違い

通常の学習塾と発達障害児のための塾はどう違うのか、子どもへの対し方や講師陣、プログラムなどについて解説しています。

発達障害児のための学習塾と一般の塾との違いは?

発達障害や学習障害をもった子どものための塾は、通常の学習塾とどのように違うのか。

発達障害や学習障害児のための塾のポイントをまとめてみます。

授業内容

状況や得意不得意が1人ひとり異なるため、発達障害や学習障害児のための塾では個々の能力や希望に合わせた個別指導計画を作成するのが一般的です。

できることをもっとできるように、できないことを少しずつでもできるよう、将来への可能性を引き出すように様々なアプローチを行っていきます。

学習環境

子どもが楽しく通いやすいように、学習環境を工夫している塾が多いです。まわりの子とコミュニケーションが取れない、感情をおさえられない、集中して席に座っていられない子どもでも、1対1の個別指導なら講師がじっくりと付き合ってくれます。

塾によっては内装を可愛くして子どもが進んで通いたくなるような雰囲気にしていたり、子どもの様子をモニターで見ながら親同士でコミュニケーションを取れるサロンスペースを提供しているところもあります。

講師陣

発達障害や学習障害をもつ子どものための塾では、講師陣も特別です。Leafを例に挙げると、講師は採用後1ヶ月間は行動面・社会性面・学習面についての講義を受け、擬似授業を繰り返し、実際の授業にアシスタントして参加して経験を積みます。その後ようやく子ども達を指導できるだそう。

発達障害の専門知識を持った講師がいる塾なら、1人ひとりの特性を理解して、良い方向へと導いてくれることは確実。質の良い講師による指導を受けることで、子どもの良いところをぐんと伸ばすことが可能です。

特別プログラム

通常の塾ではあまり見られないポイントに、イベントなどの特別プログラムが挙げられます。

発達障害や学習障害をもつ子どものための塾では、子どもの可能性を伸ばそうと、あらゆる方向からアプローチをかける特別プログラムを用意してくれるところがあります。

科学の実験教室、ワークショップ、ダンス教室、陸上教室、乗馬体験、バーベキューなど、塾によって内容はさまざまですが、子どもに良い刺激をあたえてもらえるチャンス。

積極的に参加してみたいという方は、特別プログラムを多く用意している塾を選ぶと良いですね。

サポート

学習面の指導だけでなく、子どもが過ごしやすいように環境を整えるよう働きかけてくれたり、親のサポートも行ってくれるのが発達障害や学習障害をもつ子どものための塾の魅力でもあります。

学校との連携を行ってくれるので学校生活が快適になったり、学校での支援方法に具体的に提案をしてくれたり、不登校の子どもは塾との連携により出席日数へ換算できたりする事もあるようです。

一般的な塾では親へのフォローはなく、ただ学習させるだけ。

それに対し発達障害や学習障害をもつ子どものための塾では、塾と家族が二人三脚で子どもの成長を見守る、伸ばしていくという考え方になります。

発達障害や学習障害のお子さんを抱える親は、いつも不安や悩みがあるもの。子どもだけでなく親自身もサポートしてくれる塾はとてもありがたい存在となります。

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド