親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

発達障害の塾ガイド学習・発達障害をサポートしてくれる塾とは塾に通うメリット

塾に通うメリット

学習・発達障害をサポートしてくれる塾に通うメリットをまとめてみました。

発達障害児向けの塾に通うメリットとは?

発達障害を抱える子ども向けの塾に通うことは、子ども自身にとってはもちろん、保護者にも様々なメリットがあります。

<子ども編>

まずは子どもにとってのメリットを紹介します。

学校の勉強や苦手分野の克服など、学習面での支援が受けられる

一般的に、発達障害児を支援する塾では、それぞれの子どもの特性に合わせた個別指導計画を作成した上で、得意な部分はさらに伸ばし、苦手な部分は少しずつできるように、様々なアプローチで学習支援を行っていきます。そのため、通常の学習塾や学校ではできない、きめ細やかな指導を受けられるのが大きな特徴です。

色々な体験を通して、自立心やコミュニケーション能力を促す

学習支援に加えて、SST(ソーシャルスキルトレーニング)や、様々な体験プログラムを行っている塾も多くあります。色々な課題に取り組み、成功体験を積み重ねることで、自立心や社会性、コミュニケーション能力が育まれていきます。

精神的な安定につながることで、二次障害を防ぐ

発達支援塾の先生は、子どもにとって、味方がいると実感できて安心できる存在です。また、「できた!」「わかった!」という成功体験を積み重ねていくことで、自己否定や自己評価の低下による、うつ状態などの二次障害を防ぐことにもつながります。子ども達が自信をつけて、人生を前向きに捉えられるように、精神面からサポートしてくれるのも塾の魅力です。

<保護者編>

発達障害を持つ親にとって、専門の塾に通うメリットを紹介します。

同じ悩みを持つ親との出会い、親同士の交流が持てる

グループ指導の場合など、同じ悩みを抱えている親との出会いや交流によって、心にゆとりが生まれたり、前向きになれたりといったメリットもあります。発達障害のある子を、自分と同じように、たくさん悩みながら育てている人がいる!と実感して、安心できる親御さんも多いと思います。

先に通っている子どもの成長から、我が子の将来が想像しやすい

先輩生徒の成長を見ることで、我が子の将来がイメージできて、「自分の子もあんな風になれる」という安心感がもてます。進学や就職など、将来の心配についても、見本となる先輩がいてくれると前向きになれますよね。こうした理由から、幼児期から社会人までを対象としている、長期サポートのある塾がおすすめです。

発達障害の子どもの教育

発達障害の子どもが塾で教育を受けることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、教育の面からメリットを見ていきたいと思います。

長期的な教育をすることで一貫性が生まれる

発達障害の子ども向けの塾は、学習を年齢で区切っていないため、大人になるまで一貫性のある教育を受けることができます。これによって、ストレスがない確実な学習が可能です。

時間をかけた学習で学習内容を自分のものにできる

発達障害の子どもを対象とした塾では、長期的な教育を実践しているところが多く見られます。発達障害を持つ子どもは、ゆっくりと学習していくため、長期にわたる教育が必要です。塾では幼稚園に入る前の年齢から、大人になるまで、長期的な教育を受けることができるので、教えられたことを少しずつ、確実に自分のものにできるでしょう。

学習内容や学習方法の変化による子どもの混乱を招かない

また、同じ塾で教育を受け続けることによって、ぶれのない、一貫性のある学習をすることができます。塾や学校にはそれぞれ教育方針があるため、年齢によって教育機関が変わってしまうと、学習内容や学習方法が異なることも。幼児期から大人になるまで、ずっと同じ場所で教育を受けることで、学習に対する子どもの混乱を招くこともありません。

子どもの能力に合わせた学習ができる

子どもの能力は一人ひとり異なるため、それぞれに合わせた教育で学ぶことが大切です。子どもに合わせて最適な学習法が選択されるため、学習がスムーズになります。

マンツーマン学習で子どもに最適な教育を受けられる

塾での教育は、マンツーマンで行われているところも多いもの。発達障害を持つ子どもは、苦手な部分がみんな異なっています。マンツーマンでの学習は、一人ひとりの能力や苦手分野に合わせて進められるため、その子どもに最も合った教育を受けることができるのです。マンツーマン学習によって、子どもがストレスのない学習をすることができ、学ぶことが楽しくなってきます。

それぞれの苦手分野に合わせたオリジナル教材を使用

塾によっては、独自で制作したオリジナルの教材を使用している場合もあります。一般的に市販されている教材とは違い、学習障害を持つ子ども専用に作られたものなので、学習障害を持つ子どもにとっては非常に分かりやすいもの。例えば、読み書きが苦手な子どもであれば、段階を追って文字の読み書きが習得できるように、工夫が施された教材を使います。つまづくことが多い部分を強化した専用テキストなので、苦手分野の学習もスムーズになるでしょう。

社会の中で生きていくための能力を高められる

社会生活スキルは、テキストや言葉による説明では、なかなか身につくものではありません。実際に自分が体験することによって、周囲の状況を考えた行動ができるようになるでしょう。

トレーニングによって社会生活の練習ができる

発達障害を持つ子どもがうまく社会生活を営むためには、実際に社会生活を模擬体験して、段階を追って社会生活スキルを高めていくことが必要です。塾では、コミュニケーションや社会のルールについて、「ロールプレイング」という形で、実際に模擬体験する教育をしていることも。教えられたことを自分が体験することで練習をし、実際の社会生活に活用することができるようにしていきます。

相手の気持ちを理解する能力を高められる

また、ロールプレイングでは、「相手の気持ちを理解する」ことも学べるでしょう。例えば、嫌なことを言われたら相手はどう感じるか、ということを身を持って体験できるため、人間関係の改善が期待できます。実体験を通して、自分はどう感じたか、どうするべきだったか、ということを考えることができ、相手を思いやる能力を高めていくことが可能です。

発達障害の子供専門塾おすすめ5選はこちら>>

発達障害学習塾ガイド【子供向け】