親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOMEおもな発達障害の種類と特徴

おもな発達障害の種類と特徴

学習障害や注意欠陥、多動性障害、自閉症などの特長を取り上げて紹介します

おもな発達障害の種類と特徴とは

発達障害は先天的な様々な要因によって引き起こされる障害の総称のため、その種類はいくつもあります。

  • 学習障害(LD)
  • 自閉症スペクトラム障害(ASD)
  • 注意欠陥/多動性障害(ADHD)
  • 知的障害
  • ダウン症
  • 発達性運動強調障害

どれか1つのみ特性を持つのではなく、複数の特性をもつ子どもも多くいます。

学習の遅れが目立ってきたり、クラスに溶け込めなかったり、不登校や問題児扱いになってしまう事も多いので、発達障害をもつ子どもや親、学校など、周囲を含めた理解が必要になります。

このカテゴリでは、発達障害の主な種類である「学習障害(LD)」「注意欠陥/多動性障害(ADHD)」「自閉症スペクトラム障害(ASD)」について、詳しく紹介します。
それぞれの特徴やおもな症状、子どもへの接し方をアドバイスするので、「もしかしてうちの子は発達障害かも?」と思っているのなら当てはまる症状を探してみてください。

最近では、大人になってから発達障害であったことが判明するケースも増えているようです。また、子供の場合、周囲になじめずいじめにつながってしまうことも。早期に発達障害であることに気付ければ、子供のうちから生きづらさを感じずにすむでしょう。

発達障害とひと口にいっても、特性は1人ひとり違うもの。その子の症状にあった接し方やサポート、環境を整えてあげることで結果は大きく変わってくるかもしれません。

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド