親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOMEおもな発達障害の種類と特徴注意欠陥/多動性障害(ADHD)

注意欠陥/多動性障害(ADHD)

落ち着きがない、忘れっぽいなど注意欠陥多動性障害(ADHD)・多動児の特徴とおもな症状をまとめています。

うちの子はADHD?注意欠陥多動性障害・多動児の特徴

ADHDとは、Attention-deficit / hyperactivity disorder(注意欠陥・多動性障害)の頭文字をとったもので、「不注意(物事に集中できない)」「多動性(落ち着きがなく、じっとしていられない)」「衝動性(思いついた行動を唐突に行う)」の3つの症状を中心とする、発達障害を指します。

日本では6歳~15歳までの子どもの7~10%前後が、ADHDの特徴に当てはまりますが、実際に学習面や日常生活で支障がある子どもは3%程度だと言われています。

ADHDの子どもは診断がない状態では、「乱暴もの」「しつけのできていない子」「悪い子」という評価を受けやすくなり、また子どもだけでなく保護者も「育て方やしつけ方が悪い」という誤解を周囲に受けやすくなります。

定的な評価が続くと、発達障害による問題だけでなく、今度は二次的な問題が出てくる可能性もあります。

先生や保護者から怒られ続けることで、劣等感をもちやすくなる
学校で孤立しやすい
無力感や不安感など、情緒不安定になる
衝動性が強い場合、友達とトラブルになりやすい
いじめやからかいの対象になる

ADHDのおもな症状、不注意・多動性・衝動性の3つを紹介するので、「もしかしてうちの子はADHDでは?」と感じたら、当てはまる症状をチェックしてみて下さい。

ADHDのおもな症状

【不注意】

  • 好きなこと興味があることに集中しすぎて、切り替えができない
  • 同じことを繰り返すのが苦手、最後までできずに諦める
  • 色々なことに手をだして優先順位がつけられない、手順が分からなくなる
  • 面と向かって話しかけられていても、聞いていないように見える
  • 課題や遊びの途中で注意がきれて投げ出したり、自分の順番を忘れる
  • 細かいところまで注意がいかず、単純な計算ミスや間違いをする
  • 課題や活動に必要なものを忘れる、なくす

【多動性】

  • 授業中に立ち歩く、他の子の邪魔をする
  • 座っていても我慢ができず、そわそわする
  • 姿勢が悪く、姿勢を保持できない
  • 遊びや余暇活動に夢中になりまわりが見えなくなる、すぐふざける
  • 一方的にしゃべる、声が大きい、話の内容がころころ変わる
  • 授業中に勉強のこと以外でも、思ったことを友達にしゃべり続ける

【衝動性】

  • 思ったことや知っていることを、言わなければ気がすまない
  • 指名されていないのに答えてしまう
  • 順番を待つのが難しい
  • やりたいという思いが強く、ルールを無視する
  • 人がもっているものを気になると触らずにいられない
  • 周りが見えないため、大声で自己主張する

ADHDの子どもへの接し方

ADHDは脳の機能の発達にかたよりが生じて起こるもので、育て方やしつけに起因するものではありません。

ただ、特性を理解しないままだと、ただしつけが厳しくなるだけで症状は改善できません。ADHDの子どもへの接し方にはいくつかポイントがあるので紹介します。

1/集中力を高める、途切れさせないよう工夫する
学習など集中を求めるときはテレビを消す、おもちゃを片付けるなど視覚的な刺激を取り除きます。

2/上手にほめる
上手くできたら、その場ですぐにほめます。子どもと目を合わせて喜ぶ、抱きしめるなど感情を表します。適切な行動がとれたら、シールやスタンプなどを渡すのも効果的です。

3/好ましくない行動をしたら
まず注意せずに少し遠くで見守ります。落ち着いたらそのことをほめて、「次はこうしたら良い」と代わりの行動を教えます。
遠くから大声で注意するのではなく、子どもに近づいて静かに話しかけることが大切です。
「やめなさい」「だめ」では何をどうしたら良いのかが分からず、求められる正しい行動へとたどりつけません。具体的に「その○○を下に置きなさい」など指示をするようにします。

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド