親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOMEおもな発達障害の種類と特徴自閉症スペクトラム障害(ASD)

自閉症スペクトラム障害(ASD)

アスペルガーを含む自閉症スペクトラム(ASD)の特徴やおもな症状を解説しているページです。

アスペルガー・自閉症スペクトラム(ASD)の特徴

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは広汎性発達障害を連続体(スペクトラム)にとらえた名称で、自閉症やアスペルガー症候群、小児期崩壊性障害、レット症候群などが含まれています。

ASDは150人の1人の割合で発症し、その中でももっとも多いのが古典的な自閉症だと言われています。症状が軽い方から重度の方まで、幅広く含めてASDと呼ばれています。

ASDの原因はまだ解明されていませんが、生まれつきの脳の機能障害や多くの遺伝的な要因などが複雑に関与して起こるだろうと考えられています。

特徴としては、次のような障害が挙げられます。

  • 1/対人関係の障害(社会性の障害)
  • 2/コミュニケーションの障害(言語機能の発達障害)
  • 3イマジネーションの障害(こだわり行動と興味の偏り、固執性)

この3つの障害により、ASDの子どもは自分の意思を伝えることが苦手だったり想像力が乏しく同じ行動しかできなかったり、光や音に対して過敏な反応を示すことがあります。

ASDの症状は2歳までに出ることもありますが、軽症の場合は判断がつきません。学齢期になり分かることが多く、男女比では女子に比べて男子の方が2~4倍発症率が高くなっています。
自閉症者の近親者では、発生頻度は約5~10倍になることもあるようです。

ASDのおもな症状

  • 決まった順序でやらないと気がすまない
  • 1つのことに熱中するので、同時に2つのことができない
  • 人に触られるのが苦手
  • 目があっても視線をそらす
  • 自分の好きな同じ話題・活動ばかりをする
  • とても些細なことで怒る
  • 音に過敏
  • 感情表現が乏しい
  • 他人に関わろうとしない
  • 集団で遊んだり、ルールを守って遊ぶのが上手くできない
  • 他人に応答せず、耳が聞こえないように見える
  • 他人の存在をわすれる
  • 指を鳴らし続けるなど、同じ手の格好や動作を繰り返す
  • 動いたり回転するものに、強い興味をもつ

ASDの子どもへの接し方

自閉症でもアスペルガー症候群でも、ASDは診断が難しくまわりが気づいてあげないと、大人になってから気づくということも多い障害です。
ASDを根本から治す治療薬や治療法はありませんが、できるだけ早く発見して療育を受けることでコミュニケーション能力が向上し、人との接し方も上手になっていきます。

ASDの子どもは言葉によるコミュニケーションが困難なことが多いですが、視覚から入る情報に対しては優れていることが多いため、具体的な絵カードや言葉カード、写真などを指示やスケジュールを伝えるための補助として用います。
なるべく抽象的や複雑な表現はせずに、短く具体的に行います。「遊んだあとはおもちゃを○○にきちんと片付けないとダメだよ」よりも「○○くん、おもちゃを片付けます」など、否定的より肯定的な言葉が効果的です。

生活面でも、いつ・どこで・何を・いつまでするというようにスケジュールを組み立てて示してあげることで安心します。

「ちょっと待って」という抽象的な言葉よりも「○時○分まで」「このタイマーがなるまで」など具体的に示す方が理解できます。

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド