親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

発達障害の塾ガイド » 発達障害のお子さんのための塾リスト【関東エリア編】 » さくらんぼ教室(東京・千葉・神奈川)

さくらんぼ教室(東京・千葉・神奈川)

1990年に、地域のボランティア活動からスタートした、発達障がいや学習障がいの子どもたちをサポートする学習塾。発達障がいや学習障がいの子どもたちは、少しずつ時間をかけて発達・成長する特性があります。学ぶスピードも、児童それぞれ。さくらんぼ教室では、一人ひとりの生徒に適した学習カリキュラム、教材、指導法、自立生活に向けたSSTカリキュラムを開発。2歳〜社会人に提供しています。

発達障害や学習障害の塾・さくらんぼ教室の特長

長年の実績と経験から生み出した、オリジナル教材による個別指導。一人ひとりの学びのペースに合わせ、それぞれの理解方法の違いを配慮したカリキュラムを提供しています。

2歳〜社会人までが、勉強だけでなく、社会生活において自立するためのスキルを学ぶことができます。東京、千葉、神奈川県の13教室が協力体制を組み、指導者はチームで動くなど、連携体制もしっかり。

さくらんぼ教室の主な5つの特徴を以下にまとめました。

通級指導教室・特別教育支援の場で利用されている教材

さくらんぼ教室のオリジナル教材は、個々の発達段階、生活面における課題、特性にあった学習ができるような仕組みとなっています。

特別支援の教材集としても書籍化されていますので、さくらんぼ教室に通えない人でも手にいれることができます。特別支援学校を含む学校現場でも、使用されています。

書籍化されているオリジナル教材

  • 『特別支援の国語教材(初級・中級・上級)』学研教育みらい
  • 『特別支援の算数教材(初級・中級・上級)』 学研教育みらい
  • 『特別支援のSST教材(初級・中級)』学研教育みらい
  • 『さくらんぼワーク はじめての読解・作文』明治図書
  • 『さくらんぼワーク はじめての計算・文章問題』明治図書
  • 『サポートドリル』

子どもたちのつまずきにあわせて用意された教材、学習、カリキュラム

発達障がい児や学習障がいの子どもたちは「わからないから、もっとわかるように教えて」という言葉での表現ができずに、他者から理解されにくい行動をとってしまう場合があります。プリントを破いてしまう子。教室から出て行ってしまう子。興味を失って眠くなってしまう子。

勉強が楽しくなるためには、子どもたちは、「できた」「わかった」という喜びの経験が必要です。そのような喜びを積み重ねることで、勉強の楽しさを覚え、生きていくための自信も育まれます。

発達障がい児や学習障がい児にかかわらず、子どもたちは、自分自身が「何ができて、何ができないのか」「何がわかって、何がわからないのか」を完全に把握している子はあまりいません。指導者側が、一人ひとりの理解度を把握し、生徒の「つまずき」を具体的にみつけること。そして、一人ひとりに適した勉強法を模索し、指導することが鍵となります。

「学びのステプ」と「教材例(ワーク)」に分けて提供しています。指導者や保護者が「生徒がどこまで理解しているのか」を簡単に把握することができるだけでなく、その理解度も計りやすくなるような教材です。

ソーシャル・スキル・トレーニングを実施

こだわりや常同行動など特性から、周囲の理解が得られにくいことが多々ある発達障がいのある子どもたち。

参考: 心理・教育・福祉研究 第17号 2018年:発達障がいのある子どもと家族の避難生活上の困難さや 必要な支援について[PDF]

具体的には、

集団行動がとれない。順番を待てない。同じ注意を何度しても行動が改まらない。思ったことをすぐにしてしまう。言葉の行き違いが多い。勝敗にこだわりすぎて、思うようにならないとパニッ クになることがある。友だちとのトラブルが多い

出典:三重大学教育学部研究紀要 第69巻 教育実践(2018)495-503頁[PDF]

等が挙げられます。そのため、その言動から社会生活において理解を得られないことも。

「さくらんぼ教室」では、他者と良い関係を築き、社会的に自立できる力「社会的スキル」すなわちソーシャル・スキルを学ぶためのソーシャル・スキル・トレーニング(SST)を提供しています。

SSTでは、いろいろな人の価値観や人生観を学びます。学校生活だけでなく、社会のルールやマナー、コミュニケーション能力など、自然には身に付きにくいスキルをトレーニングすることができます。大学生や社会人の生徒向けには、実社会や仕事に即した内容「ライフ・スキル・トレーニング(LST)」を提供。

医療機関・支援機関・学校との連携

さくらんぼ教室では、通う生徒の学校生活や日常生活のサポート、よりよい進路選択のために、園や学校、地域の医療機関や支援機関との連携や情報交換を大切にしています。32年の実績から「研修」「講演」「出張授業」なども多く依頼されるそうです。

都立高校生のためのコミュニケーションアシスト講座

都立高校においては、コミュニケーション・友人関係・勉強といった学校生活に不可欠な要素の悩みをアシストする講座を展開。個別講座もあり、学校生活スキル、友人関係スキル、授業参加スキル、自己コントロールスキル、計画スキル、ビジネススキルを学ぶこともできます。

杉並区学齢期発達支援事業 指定事業所

杉並区では、発達支援が必要とする小学校1年生~小学校3年生の児童に、療育を提供。個々の好みやペースによって、「個別」あるいは「総合」から、学習スタイルを選び、集団生活における人間関係の構築力や社会性が学べるようにしています。

都立高校での通級指導/出張授業

定時制課程の生徒(1~4年生)を対象に「コミュニケーショントレーニング」、「ビジネスマナー」、「ストレスマネジメント」「金銭・予定管理」といった「ソーシャル・スキル・トレーニング」の出張授業や、教員向けの研修も行っています。

さくらんぼ教室代表・伊庭葉子さんが考える障がい児の学習法とは

発達障がい児向けの学習塾「さくらんぼ教室」を開業された代表伊庭葉子さんをリサーチ。東京度江戸川区にて、地域ボランティアとしてはじめた、発達障がい児や学習障がい児向けの学習サポート教室がそのきっかけです。その伊庭さんが目指す学習法とは?

障がい児の指導研究から個別指導の学習サークルへ

さくらんぼ教室を立ち上げた伊庭葉子さんは、大学卒業後に教育関連企業で障がい児の指導研究をされていました。同社を退社された後、1990年に地域で発達障がい児と暮らす親たちと一緒に、個別に学習支援・指導をする学習サークルをつくりました。この取り組みに、予想以上の反響が。

「そんな教室があるなら通いたい」という多くの声に応えて、1996年に「さくらんぼ教室」を開業する運びとなりました。発達障がい児・学習障がい児は、文字や数字を覚えて理解するための時間が長く必要です。一人ひとりの理解の方法が違うこともあります。

伊庭葉子さんとさくらんぼ教室は、学び方の多様さを、子供たちからも常に教わりながら、生徒の特性や学習ニーズに合わせて、学習カリキュラム、教材、指導法、自立生活に向けたSSTカリキュラムを開発し、提供し続けています。

学びたいという前向きな気持ちこそが大切

発達障がいの子の様子は人それぞれ。

文字や数字を覚えるのに時間がかかる子や、概念を理解する方法が人と異なる子。勉強やSSTの両方で支援が必要な子。勉強はよく理解できるけれども、SST面ではサポートが必要な子。

学校生活や社会生活において、人と違うことで苦しい思いや辛い体験をしている子もいます。そのような問題に直面している子どもや社会人を前向きな気持ちにし、社会的に自立できるように導くことが、さくらんぼ教室の理念です。

どのような子どもであっても「できる」体験を積むことはとても大事。発達障がいの特性や段階に合わせたわかりやすい教材を提供することで、子どもたちが「できる」を通じて自信を持ち、自分の個性や特性を理解し、他者とは価値観、人生観、考え方が違うことがあるということを受け入れやすいようにサポートしています。

さくらんぼ教室は、教室で学んだスキルを実生活に役立てて、生徒が「生きづらさ」を感じずに幸せに生きてほしいと願っています。

発達障害や学習障害の塾・さくらんぼ教室の魅力

さくらんぼ教室の主な4つの特徴を以下にまとめてみました。

32年の指導実績とノウハウから生まれたオリジナル教材を使用

さくらんぼ教室で使用している教材は、開業当初から25年間積み上げてきた指導実績やノウハウを活かしたオリジナルのワークブックです。年代ごとに、誰もがつまずきやすい問題などを組み合わせているので、子ども達の学びを、「できた!」「わかった!」に変えられるのが大きな特徴。

また、生徒自身が、「僕はこういう時につまずくから、こういうのを教材にしてください」と提案してくれることもあるのだとか。さくらんぼ教室で生まれたオリジナル教材の数々は、ロングセラーの教材も含め、全国の学習支援の場で利用されています。

子ども1人1人に合わせた個別カリキュラムによる、きめ細やかな指導

障害にとらわれることなく、「何が得意で、何が苦手か」「どんな方法で学べば良いか」を、生徒自身や保護者と一緒に考えながら指導することを大切にしています。年齢や目標に合わせたクラスがあり、1人1人の個別指導計画を作成し、きめ細かな指導をしてくれるのが魅力です。

SST(ソーシャルスキルトレーニング)では、社会のルールや人付き合いの方法を仲間と一緒に学び、成功体験として身に付けることを目的としています。さらに、1年ごとにクラスやコースの見直しを行うことで、その子により合った成長の場を提供してくれるので安心。

幼児期から社会人まで!長期サポートならではの魅力と安心感

2歳~社会人まで、幅広い年代をサポートしているのも、さくらんぼ教室の特徴です。そのため、さくらんぼ教室に通っている高校生が、後輩である中学生のために高校の話をするなど、生徒自身が後輩の成長をサポートすることもあります。子ども達にとっては、「あんな風になりたい」と思える先輩がいる。親御さんにとっても、「我が子もあんな風になれる」と将来が想像しやすく、安心感が持てると思います。

発達障害の子供専門塾おすすめ5選はこちら>>

より良い指導のために、教室間の情報交換・連携体制もしっかり

7教室それぞれが独自の指導で進めるのではなく、「みんなでみんなをサポートしていこう」という気持ちで、教室間の情報交換が盛んに行われています。より良い指導をしたい、より良い教室にしたいという想いから、教室長たちが連携した教室づくりをしています。また、各クラスの指導は、専任制ではなく、チーム制を採用。社会性が身に付くように、どんな先生とでもコミュニケーションがとれるように配慮しています。

利用している家族の声

子供にとっても、親にとっても、家庭や学校以外の場所があることは大事だと思っています。小1で入会した息子も、今では中学生。学習もSSTも受けられて、子供も意欲的に通っており、とても頼りにしています。
就学準備のために入塾しました。これまで文字や数字に興味を持たなかった我が子でしたが、自分の名前や数字が少しずつ書けるようになりました。
受験勉強のために15歳の時に入会して、先生たちに丁寧に教えてもらいました。そのおかげで、高校に合格できました!社会人になった今でも、学習を続けたいので通っています。
体験授業に参加した息子に感想を聞いたら、勉強が楽しかったと話してくれました。教室長さんとのお話では、こちらの要望や悩みを丁寧に聞いていただきました。
どのような指導を行なったのか毎回詳しく説明してくれるので、安心して通わせることができています。また、指導の中で課題が出た時にはカリキュラムを変更するなどして即座に対応してくれるのが魅力。 みんな同じカリキュラムをさせるのではなく、本当にその子にとって今必要な指導は何なのかについて判断してくれます。専門的な目で見た対応を取ってくれるので、こちらに通い始めるようになってからかなり実力がついてきたと感じました。
料金は高いですが、とにかくそろえられている教材や設備がしっかりしているので、納得だと感じています。また、講師の質は高いですね。一人ひとりの講師がとても親身になって子どもや親に寄り添ってくれるだけでなく、一人ひとりの考えを理解した上でわかりやすく教えてくれるのが魅力だと思いました。 通わせるにあたりいろいろと質問しましたが、そういったものに対しても丁寧に対応してくれたので、安心して決断することができた教室です。
専門的な知識を持ってみてくれるので、ありがたいです。模擬テストも行なってくれるので、今子どもにどれくらいの実力がついたのかも目に見えてわかります。志望校に合格させるために通い始めたのですが、志望校にあった問題を用意してくれたのには感動しました。 講師の方が一生懸命取り組んでくれているのを感じられます。教材についても中身をチェックしてみたところ、とてもわかりやすく、これなら確実に実力を伸ばしていけそうだと感じました。

さくらんぼ教室の評判まとめ

コースの種類も多く、幼児から社会人になるまで長期にわたって指導サポートが受けられるさくらんぼ教室は、口コミからも長年の付き合いを続けている利用者が多いことが伺えます。発達障害のお子様をお持ちのご家族の方にとって、なかなか他には言えない相談ができる場所があると言うのも、大きな心の支えになります。だからこそ、長く付き合いが続けられる学習塾は、まさに理想と言えるのかもしれません。発達障害のお子様への学習サポートを行なっている塾は他にも色々あります。さくらんぼ教室のように、長期間関わってもらえるサポート期間の長い塾は他にもありますから、相性のいい塾を比較しながらじっくり探してみましょう。

【東京都】発達障害の塾をあつめました>>

塾の基本情報

運営元 株式会社 Grow-S
教室一覧 飯田橋教室(東京都千代田区)
荻窪教室(東京都杉並区)
船堀教室(東京都江戸川区)
板橋教室(東京都北区)
蒲田教室(東京都大田区)
市ヶ谷教室(東京都千代田区)
川崎教室(神奈川県川崎市)
本八幡本部教室(千葉県市川市)
船橋教室(千葉県船橋市)
津田沼教室(千葉県船橋市)
千葉教室(千葉県千葉市)
柏教室(千葉県柏市)
コース一覧 <総合クラス>
個別学習に加えて、SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)で、コミュニケーションや学校生活・社会生活スキルを身につけるコース。
※学年ごとにコースが編成されています。
小学生準備(年長)コース/1.2年生コース/3.4年生コース/5・6年生コース/中学生コース/高校生コース
<特別支援学校 受験対策クラス>
東京都・千葉県(千葉市立)の企業就労を目指す特別支援学校の受験対策ができるコース。
受験対策の他、高校生活に必要なスキルを身につけることができます。
東京都(学科、作文、面接、作業)
千葉県(学科、面接、作業)
※公開模擬試験(年3回)も実施し、毎回200名を超える中学生が受験しています。
<個別学習クラス>
発達段階や学習目標に合わせて、自分のペースでゆっくり学ぶコース。
マンツーマンコース/90分(3人)コース
<社会人クラス>
基礎学習の継続と、豊かな人生を送るためのライフ・スキル・トレーニングが受けられるコース。全教室で200人以上が在籍しています。10年以上さくらんぼ教室で学んでいる先輩たちもたくさん!年に1回、研修旅行があります。
料金 入会金:16,500円(1世帯)、教室運営維持費:550円(1世帯)、教材費550円/1,100円
<基本授業料>
総合クラス:16,500円~
受験対策クラス:24,200円~
個別学習クラス:19,800円~
社会人クラス:16,500円
体験授業 無料体験授業(事前にヒアリングの上、教材を使用しての学習やSSTへの参加)
受付時間 月曜~土曜 13:00~20:00

さくらんぼ教室の無料体験学習内容

さくらんぼ教室では、無料体験学習を行っています。受けるにあたっての流れをご紹介しますね。

問い合わせ

無料体験学習の申し込み後、事前のヒアリングがあります。その際に日時やクラスの説明を受けたうえで、希望する日時とクラスに無料体験で参加可能となります。

体験学習当日の流れ

子供は、まずさくらんぼ教室の教材を使用し、体験学習となります。その間に保護者は、学校や家庭での様子、さらにこれまで発達の中で気になるところについてのヒアリングを受けることになっています。

クラスの決定

入会の場合は必要な書類に記入を行い、入会説明を続けて実施します。また、個別学習計画を作成し、一人ひとりにあった計画を組み立てていきます。どんな学習計画で進めていくのかは、もちろん保護者にも確認できるような内容になっています。

無料体験の流れをご紹介しました。さくらんぼ教室の無料体験はその名前の通り「無料体験」なので、費用は一切かかりません。相談料も無料です。子供の発達のことで悩んでいるけれど、どこで相談するべきかわからない…と身内だけで問題を抱えている人も多いですが、無料なら気軽に相談もしやすいですよね。

無料体験学習の申し込みと問い合わせに関しては、本部教室総合受付にて対応しています。TEL:0120-973-581(月~土 13:00~20:00)こちらが問い合わせ先ですが、各教室でも相談や受付を行っています。

まずは気軽に問い合わせから始めてみましょう。

総合クラス

学習ニーズに合わせた課題や目標を中心として学習を進めていくクラスです。ソーシャル・スキル・トレーニングに関して、社会性のトレーニングと考えています。社会に出たときに、ルールや人付き合いの仕方などを、成功体験や仲間との交流を通じて身に着けることができるように、と取り組んでいます。仲間と一緒に学ぶことでしか得られない体験もできるクラスといえるでしょう。

※ソーシャル・スキル・トレーニングとは?

身についていないことを教える、間違って覚えたら正しく修正する、こういった行動理論をもとにしているとトレーニングであり学習法です。技術が向上していくことで、今までは対応できなかった困難な状態もクリアしていく、というものとなります。

進学クラス

中学・高校の主要教科(数学・英語・国語など)の個別学習の他、定期試験対策を行うコースです。公立・私立高校や大学受験対策もできます。

学習計画の立て方や家庭学習の指導も行い、学習に前向きに取り組めるようサポートしてくれるそうです。

受験対策クラス

受験に向けた一斉授業が基本となっており、都立や千葉県立・千葉市立の特別支援学校などへの合格を目指したクラスです。学科試験・面接・作文などなど…合格するために必要とされることへの対策や、受験の際の態度、自己管理なども学習します。そして進路が決定してからは、高校生として身に着けなくてはいけない学科の勉強や高校生活のマナーなども学べます。

個別学習クラス

一人ひとりの特性・ペースなどに合わせながら、学習していくクラスです。まだ慣れないからゆっくりとしたペースで学習がしたい、将来の自立のために役立つ学習をしたい、など希望はそれぞれです。個別学習だから、一人ひとりに合った学習ができます。

入学前の子供から高校生まで、幅広く受け入れているクラスとなっています。個々でゆっくりと学ぶことができるので、自分にぴったりの学習法も見つけやすいでしょう。

社会人クラス

社会人として世の中で過ごしていく中で、欠かしてはいけないビジネススキルを学ぶことができるクラスです。人生をより豊かに楽しく過ごすための活動を中心としています。社会人だけではなく、専門学校や大学に通っている学生も在籍可能となっており、これから社会人として過ごしていく中で必要な準備もできます。

何を目的として学びたいのか、自分が今どんな状況におかれているかによって、どんなクラスに在籍するべきかも違います。

発達障害のこどものための塾5選

当サイトで紹介しているスクールの開校年数の古い順に5校ピックアップして紹介します。
※2021年5月時点の調査情報を基に作成しています

歴史 教室数 高校受験
対策
社会人
対応
入塾金 個別指導
月額料金
さくらんぼ教室
32年 13 16,500円 16,500円~
スプラウツ
18年 2 不明 - 20,000円~ 不明
LITALICOジュニア
(旧:Leafプログレス)
13年 43 - - 17,000円 32,000円
(月4回換算)
エレファース
10年 10 不明 15,400円~ 23,100円~
情熱!テラコヤ塾
9年 2 - 不明 18,000円~

季節講習について

さくらんぼ教室では、春・夏・冬の季節ごとに「講習」を行っています。教科学習だけでなく、言葉やコミュニケーションのスキルを伸ばす特別プログラムも実施しています。普段はさくらんぼ教室に通っていないお子さんも受講できます。

発達障害の子どものための塾5選
コンテンツ一覧
免責事項
このサイトに掲載されている情報は、2015年12月に調査した内容をまとめたものです。
各社のコースやプラン、料金などは内容が変更になっていることもあります。
最新情報やサービス内容を詳しく知りたい場合は、各社の公式HPをご確認ください。

発達障害学習塾ガイド【子供向け】