親子を徹底サポート!発達障害の子どものための塾情報をまとめました

HOMEおもな発達障害の種類と特徴学習障害(LD)

学習障害(LD)

学校で漢字が読めない、書けない子は学習障害?LDの特徴やおもな症状、接し方などを調べています。

漢字が書けない読めない、学習障害(LD)の特徴

学習障害は、知的発達の遅れがないのに、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」などの能力のうち、特定のものの習得や使用が著しく困難な状態を指します。

日本では障害の言葉が重いため、学習障害をLDと呼ぶことも多くなっています。LDはLearning Disabilitiesの頭をとったものです。

学習障害の原因は、中枢神経系に何らかの機能障害があると考えられていて、知的障害・情緒障害・聴覚障害・視覚障害などの要因が直接の原因だとは考えられていません。

近年はマスコミなどでも学習障害について取り上げられるようになり認知度も広まっていますが、現代の医学ではまたはっきりと解明されておらず、一部の症状をのぞいては治療法も確立されていない障害です。

だからこそ、学習障害は家族や学校などまわりが「もしかして」と気づき、理解したうえで、一人一人の特性に合った方法で対処・解決するように導いてあげることが大切です。

学習障害は1つの症状をさすものではないので、子どもたちそれぞれの症状は多種多様になります。具体的なおもな症状をこちらで紹介します。

学習障害(LD)のおもな症状

  • 集中して授業を聞くことができない
  • 落ち着いて座っていることができない
  • 整理整頓ができない
  • ひとりごとを言う
  • ぼんやりとしていることが多い
  • 乱暴な態度をとる
  • かんしゃくを起こす
  • 特定のものにこだわり、融通がきかない
  • 地図が読めない
  • 日時や場所が理解できない
  • ボール蹴りが上手にできない
  • 左右が理解できない
  • 集団行動ができない
  • 聞くことができても、上手く話せない
  • 他人の話を聞けない
  • 読むことができても、文字が書けない
  • 文字を習っても理解できず、読めない
  • 簡単な計算ができず、意味が理解できない

この中でも、算数や言語を苦手とする子どもを「ディスレクシア」と分類します。
「難読症」「失読症」「識字困難」とも言い、学習障害の中でももっとも研究が進んでいる症状です。
読み書きについては小学4年生くらいになると、ディスレクシアかどうかが分かることが多いようです。中学校で英語の読み書きが入ってきた途端に、困難を示す子どももいます。

学習障害(LD)の子どもへの接し方

学習障害(LD)の子どもは特定分野での困難があるため、その困難を抱えている部分をサポートして、伸ばしてあげることが大切です。

例えば「書く」ことで困難を生じている場合、文字のなぞり書きから始めて決まった範囲内で安定して収まるように文字を書かせます。範囲内で収まってきたら、書き順にも気をつけていきます。

「読む」ことに困難がある場合、文章を一行ずつゆっくりと指でなぞって読むことを意識します。読む文章は好きな動物やキャラクターが出てくるものを選び、子どもの気持ちを高めさせるのもポイントです。

「話す」ことに困難がある場合、子どもが興味をもっている話題で話しかけます。反対に子どもが話し始めた場合は、話をさえぎることのないよう上手くフォローして会話をし、「話すことが楽しい」と思わせてあげます。

トレーニング方法はさまざまですが、どのトレーニングも「負担」なく行うことが重要です。「ダメ」と叱るのではなく、できたら「できたね」と褒めながら伸ばしてあげることが大切です。

発達障害のこどもをサポートしてくれる塾ガイド